公立中学に行く事が決まっていても小学生は高校受験を見据えて塾に行った方がいいの?

うちは公立中学に進学するから小学生のうちは塾はいらないかなぁ。

受験は高校受験が最初だから、塾に行くのは中学3年生からでいいのかなぁと思っていたら、ママ友のところはお子さんが塾に行きだしたと聞いたり、周りの子たちは塾に行く子が増えてきたりと、うちの子は塾に行かせなくていいのかな?と不安になるところもあるのではないでしょうか。

みんなが早くから塾に行くなか、我が子を塾に行かせていないと高校受験で不利になるのでしょうか。

行かせたほうがなんとなく良さそうだけど、小学生のうちはいらないよね?

やっぱりいる?

自分のところだけ行かせていないと不安になるのは仕方のないことです。

今回の記事では、公立中学に進学する予定だけど、小学生のうちから塾に行かせたほうがいいのかについて書いてみたいと思います。

公立中学に行くけど小学生のうちから塾に行かせるべき?

公立中学に行くことが決まっている場合、最初の受験は高校受験です。
小学生から高校受験を見据えるとすると、受験まで早くて3年、遅くて9年といったところでしょうか。
小学1年生から高校受験を考えても、いまいちピンとこないと思うので、実際に高校受験を意識し出すのは早くて小学校の高学年くらいだと思います。
高校受験まで結構期間があるけれども塾には行ったほうがいいのでしょうか。

何を目的に塾に行くのか考えよう

塾に行かせたほうがいいのかなぁと考えたときに、意識したいのは
「塾に何をしに行くの?」
というところです。

ママ友さんのお子さんが塾に行くことになったのはなぜでしょうか。
中学受験をするから行くようになったということもあるでしょう。
また、小学校のテストの点数が良くなかったということもあると思いますし、もともと小学校のある程度の学年になったら塾に行かせる予定だったのかもしれません。
もしかしたら、お子さん本人が塾に行きたいと言い出したのかもしれませんね。

塾って一般的にそれなりの金額が取られてしまうので、気軽に行かせようとなるところではないと思います。
もし、親御さんが行かせたほうがいいかなぁと迷うのであれば、行かせようと思う理由を考えてみましょう。

高校受験のため?日常学習のため?

中学受験をしないとなれば、基本的に塾に行かせる目的は2通りではないでしょうか。
1つは高校受験に備える場合。
もう1つは日常学習のためというところだと思います。

まずは小学校から高校受験に備えるべきかについて考えてみます。

小学生のうちから高校受験?

高校受験と言えば基本的に5教科の勝負になると思います。
あとは内申点ですね。
大抵の都道府県では、受験本番の点数と内申点を複合して合否が決まります。
私立高校の場合は点数がメインだと思います。

小学校から高校受験を考えるというのは難しいところ。
親御さんはイメージがついていても、お子さんにはそのイメージが全くないのがほとんどです。
親御さんが高校受験のためにと思っていても、お子さんの方は…
そもそも高校受験の科目や、内申点、高校名でさえ分からないということが多いと思います。
小学生からすると高校生はとってもお兄さんやお姉さんに見えます。
中学生でもすごくお兄さんやお姉さんに見えてしまうんですね。

中学生にもなっていない時期に高校受験を意識…というのは現実的に難しいと思います。
もちろん高校受験に向けてというのが悪いわけではありません。
親御さんがそう考えて塾に行かせるのもいいのですが、目標を共有するというのは、お子さんがよほどのおませさんじゃない限りは不可能です。
小学生のうちから高校受験に備えるとすれば、親御さんの頭の中では高校に備えて、お子さんの頭の中では別の理由でとするのが現実的ではないでしょうか。

日常学習に目を向けて塾に?

お子さんの頭の中でイメージしやすいのは、学校のテストではないでしょうか。
学校のテストで点数が奮わないのであれば、学校のテストを1つの目標にするのもいいと思います。
勉強が苦手な小学生の塾の選び方と個別指導のプランや授業回数の決め方

学校のテストでは、大体満点が取れるという場合は、塾などでの模試を受験するのがおススメです。

模試というと中学受験をするようなお子さんが受けるイメージがありますが、中学受験をしないお子さん向けの模試もあります。
難易度は模試により随分違うので、塾の方に事前にどれくらいのレベルか尋ねてから申し込みましょう。
基本的には中学受験をしない子向けの模試であれば、いい実力をはかる材料になると思いますよ。

結局、公立中学に行くという場合はどうしたらいいの?

本当にここは難しいところですね。
できれば塾は早いうちから行ったほうがいいと思います。
小学校の苦手って結構中学に影響します。
小学校から中学校に上がると算数が数学になって難しくなる?

「できれば」行ったほうがいいと思いますよ。
もちろん自宅学習でしっかり理解していくという形もいいのではないでしょうか。
あとは、予算が許して、きちんと見てくれる塾が近くにあれば、小学生のうちから塾に行くことはいいと思いますよ。
勉強が得意な小学生の塾の選び方と高校受験で有利になる学習方法とは?

まとめ

今回の記事では、公立中学校に行く予定だけど小学生のうちから塾にいったほうがいいのかということについて書いてみました。
周りが行っているから、という理由で行く必要はないと思います。
ただ、小学校の内容は中学生の勉強の出来にすごく影響します。
お子さんがきちんと小学校の内容を理解できているのであれば、無理して塾に行かせなくてもいいと思います。
小学校の内容があやしい…という場合は、塾を考えてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください