夏休みの小学校が宿題が多いときは塾の自習室でするのがおすすめ!

夏休みの宿題が多いときは、きちんと宿題をお子さんがするのか心配になりますよね。

夏休みの終盤で宿題が終わらない・・・ということで、あまり小言なんて言いたくないものです。

暑い夏、そんな小言を言っていたらもっと暑くなってしまいます。

今回の記事ではそんな夏休みの小学校の宿題が多いときに塾の自習室を利用して、きちんと終わらせる方法について書いてみたいと思います。

 夏休みの小学校が宿題が多いときは塾の自習室でするのがおすすめ!

大抵の塾には自習室があったり、自由に授業時間以外でも塾に行って勉強できるという塾が多いのではないでしょうか。
塾に通っていても、あまり自習室は使っていないというお子さんもいると思いますが、夏休みの宿題を済ませるために塾の自習室を使うのはとってもおすすめです。
夏休みも序盤からきちんと塾の自習室で小学校の宿題をに取り組めば夏休みの終わりに、宿題が終わらない!とばたばたすることもなくなるのではないでしょうか。
塾の自習室で小学校の宿題をするメリットとは何かみていきましょう。
個別指導塾の授業料をできるだけ安くして成績を上げる方法があるって本当?

塾で小学校の宿題をするメリット

塾で小学校の宿題をするメリットは色々あります。
メリットについてあげてみますね。

エアコンが効いていて涼しい

エアコンが効いていて涼しいというのは、嬉しいことです。
やはり宿題をするときには快適な空間ですることがおすすめです。
問題が解けない上に暑くてイライラ・・・
調べていると汗でノートが腕に張り付く・・・
せっかくなんとか宿題をしようとしているのに、暑いがためにイライラしてしまうということは多いです。
そのイライラが、暑さのせいだったとしても、宿題をするのを途中でやめてしまうきっかけになってしまうこともあります。
そんな中で宿題を頑張るのであれば塾の涼しい空間で宿題をするのは、暑さにイライラすることもないと思うのでおすすめです。

塾という託児所に・・・

塾という空間は、大人がきちんと管理した安全な空間です。
夏休みに子どもだけで遊び回るのはちょっと心配という親御さんもいるのではないでしょうか。
また友達と宿題をするといっても本当に宿題をしているのか、友達とただ集まって遊んでいるのか・・・
なかなか判断がつかないということも多いのではないでしょうか。

「友達と遊んでるだけじゃない?」
なんてお子さんに聞いた日にはお子さんが怒り出してしまいます。
ただ実際にただ友達と集まってゲームしたり遊んだりということも多いのが現実ではないでしょうか。

そんなときに塾で宿題というのはとても安心です。
ゲームをしたり、漫画を読むのにあけくれたりなんて心配は皆無です。
塾に行くのに同じ塾に通うお友達といって宿題となっても、遊ぶことは不可能です。
塾に行ってしまえば、宿題をするしかありません。
自習室でならきちんと集中して小学校の宿題にも取り組みやすいと思います。

小学校の宿題の計画をあらかじめ立てよう

毎日どこまでするという宿題をする計画を立てるのがおすすめです。
多くの日数を塾に行くことにしておけば、毎日少しずつするという程度の計画になると思います。
計画そのものは無理のないものにしましょう。

計画を立てると1番難しいのがその計画を実行することです。
この実行のしにくさを塾を使って解消しましょう。

日々塾にいって自習室で小学校の宿題を終わらせるようにしておきます。
自習から帰る条件は、「その日にすべき宿題が終わったら」ということにしておきます。
この時の目標設定のコツは、自習室にいるべき条件を時間にしないことです。
折角塾に行っているのだから、もう少し勉強してくるだとか、そんな欲張りはやめておきましょう。
お子さんが勉強することが好きであればいいのですが、そうでない場合は苦痛でしかありません。

もし、2時間は塾で自習なんて条件にすれば、勉強嫌いのお子さんは時間が経つのを待つだけになることでしょう。
「宿題を終わらせれば塾から帰っていい」という条件は塾できちんと宿題さえすれば、遊べるという意味でもあります。
そんな条件をお子さんが与えられたら・・・
もうお子さんも頑張りますよね!

さらに条件として加えておくといいのが、全ての宿題が終わったら好きに遊んでもいいよという条件をつけておくといいかもしれませんね。

このやり方のデメリットはないの?

このやり方のデメリットは宿題しかできないということです。
ただ、毎年宿題さえしないというお子さんの場合は、宿題だけでもきちんと済ませることができれば御の字ではないでしょうか。

宿題をとにかくきちんと終わらせたいという時には、いい方法だと思います。
もしそれに加えて何かさせたいというときは勉強と感じさせないような形であればいいのかもしれませんね。
例えば、美術館や博物館に行ったり、遺跡巡りをしたりということであれば、勉強なのか旅行なのか分かりにくいので、お子さんからの不満も少ないのではないでしょうか。

普段から宿題はきちんと終わらせられるというお子さんにはあまり向かない方法かもしれませんね。

まとめ

今回の記事では夏休みの小学校の宿題が多いときに塾の自習室を利用して、きちんと終わらせる方法について書いてみました。
塾の自習室は勉強するにはとてもいい環境です。
折角塾に通っているのであれば、使わない手はありません。
勉強を自分自身でできないというお子さんには、特におすすめですよ。

今回の方法を使えば、格段に小学校の夏休みの宿題を終わらせることができる確率がアップします。
毎年、お子さんの夏休みの宿題が終わらないと頭を抱えている親御さんにはおすすめの方法ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください