小学生の習い事って多いけど、何をさせるのがおすすめ?

小学生の習い事って色々なものがあります。

親御さんも幼いころに頑張っていたという習い事があるのではないでしょうか

ピアノや習字、そろばん、水泳、最近だとサッカーというお子さんも増えてきた気がします。

習い事の種類がたくさんあるのはいいのですが、多いとどれをしたらいいのか悩むところではあります。

今回の記事では、小学生のお子さんにおすすめな習い事について書いてみたいと思います。

小学生の習い事って多いけど、おすすめは何?

小学生の習い事って色々なものがありますよね。
算数や国語などの勉強はもちろんできて欲しいけれど、それ以外にも何か特技になるものができたらいいなと思われることもあるのではないでしょうか。

習い事には、それを通して、コミュニケーション能力が磨けたり、たくさんのお友達ができたり、礼儀が身についたりと様々ないいところがあります。
しかし、悩むのがその効果。
せっかくお金を出して習い事をするのであれば、しっかり効果のあるものを経験してほしいですよね。

たくさんの子供たちと接する中で3、塾以外の習い事の効果がでているなぁと思った子の習い事を紹介したいと思います。
私のおすすめ順で書いていきますね!

小学生におすすめの習い事第1位 そろばん教室

そろばんを通して、計算が速くなるといいなぁと思うことがあると思うのですが、計算練習で速く計算するには限界があります。
また、計算を速くしようと思って計算すると、段々字が汚くなってしまったり、筆算の書き方が雑になってしまったりということが起こります。
どうしても計算を速くさせたい!と思っている場合にはおすすめです。

どんなに筆算を使って速く計算問題を解こうと思っても、そろばんをしている子供たちの速さには勝てません。
と、言うよりも勝負になりません。
計算スピードを速くさせたいなら、そろばん教室はおすすめの習い事ですよ。

小学生におすすめの習い事第2位 バレエ教室

女の子だとちょくちょく通っているよという話を聞くバレエ教室。
体を動かす系の習い事は、はたから見ただけでは習っていることが分からないことがほとんどだと思います。
しかし、バレエを習っている子って聞かなくても分かるという子が多い気がします。

立ち姿がきれい

バレエを習っている子供たちって日常生活でも立ち姿が綺麗に見えます。
背筋がピンっと張って、綺麗に見えるんですよね。
バレエを習っている子供たちの姿勢の良さは群を抜いています。
もう立っているだけで格好いい感じになりますよ。

また、ムキムキにならずに筋肉をつけないといけないらしく、すごく細く見えるのですが、なかなか筋肉質になれるそうです。
体型を気にする女の子やお子さんの体型が気になると言うときにも良いのかもしれませんね。

バレエの問題点は、男の子だとちょっと習いにくいところでしょうか。
男性の方もいるのですが、やはり少数派なのでちょっと習いにくいかもしれませんね。
私はバレエを習っている男の子をまだ見たことがありません。
きっと男の子にもいい影響があるんじゃないかなぁと思います。

小学生におすすめの習い事第3位 書道・硬筆

パソコンで文字を打つ機会が多くなってきた昨今。
字を書く機会は減少してきているとはいえ、要所要所で書かなければいけない場面って出てくると思います。
そんなときに字が綺麗だと、自信を持って字を書くことがができますよね。
私は字を書くのがあまり得意ではないので、できれば書きたくないです・・・

書道や硬筆を習っているお子さんの中には、小学生で大人顔負けの文字を書く子もいます。
漢字練習帳に練習している漢字を見ても、大人が練習したようになります。

問題は、全くうまくならない子もいるということです。
私みたいに・・・
小学生の時に3段か4段当たりまで書道も硬筆もいったと思うのですが、今の字はそんな片鱗さえ感じられません。
きちんとまじめに練習しないとダメなんでしょうね。
真面目にきちんと練習できるお子さんにはとても良いと思いますよ。
もっときちんとすれば良かったかなぁ・・・

まとめ

今回の記事では小学生のお子さんにおすすめの習い事について書いてみました。

子供たちを見ていて、こんなスキルがあったらいいなぁと思う基準で選んでみました。

そろばんは、極めていくと、日常生活でも役に立ちますし、社会に出てもちょっとした特技になると思います。
みんなで食事に行ったときの割り勘の計算がシュッとできたり、買い物に行ったときの計算ができたり。
できたから、すごく良いことが起こるというものではないですが、特技として言えることがあるというのはいいことではないでしょうか。

バレエは、姿勢が良くなるという意味で良いなと思います。
姿勢が悪いと、身体に様々な不調を呼ぶ原因になってしまうこともあります。
肩こりや腰痛の原因になってしまうこともありますしね。
姿勢が綺麗というのは立っているでだけで綺麗な印象、清潔な印象を与えやすくなると思います。
決定的なスキルにはなりませんが、将来的にもそんなに無駄になるモノではないのではないでしょうか。

書道、硬筆で字が綺麗になると、人前で自信をもって字を書けるのが良いですね。
綺麗な字でシュッと書かれてしまうと、仕事ができる人っぽい印象を与えることができます。
今でものし袋などに筆で書くといこともあるので、文字が綺麗に書けることが大きな特技となってくれますよ。

こう並べてみると、私が習ったら良かったなぁという習い事が並びました。
書道、硬筆は習っていたんですけどね、もっときちんとすべきだったかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください