中学受験を控えているけれど夏休みの小学校の宿題ってどうしたらいいの?

中学受験を本気ですることになると、夏休みは塾の夏期講習ということがほとんどではないでしょうか。

そこでどう対処すべきか悩むのが学校の宿題です。

やってしまえば、すぐに終わってしまう宿題であればいいのですが、どう頑張ってもものすごく時間がかかるという宿題はどうしようか迷われることもあるのではないでしょうか。

今回の記事では中学受験をするのに夏休みの学校の宿題をどうすればいいのかについて書いてみたいと思います。

中学受験をするけど夏休みの学校の宿題はどうする?

中学受験って特殊な受験ですよね。
基本的に学校で習ったことが中心となる高校受験や大学受験と比べるとその奇異さが際立つと思います。
また、受験をすることを小学校から嫌がられることがあるという点でも不思議な受験です。

特殊な受験が故に、どうしても学校の外で子どもたちは頑張らないといけません。
そうは言っても、小学校としては受験をするしないは生徒の勝手なのか、宿題に関しては容赦なく非受験のお子さんと同じ宿題がだされます。
これがたいした量でなければいいのですが、毎日漢字の書き取りであったり、毎日計算ドリルであったりすると意外と大変です。
もうあからさまに書ける漢字をひたすら練習したり、計算をひたすらしたり・・・
こちらの目から見ていると修行が好きなのかと思うくらい面倒なことをしています。

こんな宿題の対処はどうしたらいいのでしょうか。
手段を考えてみましょう。

親御さんがやってしまう・・・

安易ではありますが1番確実な方法です。
しかし、筆跡などでばれるリスクは大ですね。
字を几帳面に書く子だとばれにくいかもしれませんが、解読不可能な文字でいつも書いているこの宿題であればばれることはほぼ100%でしょう。

ばれたら仕方がないかな?ということでやっちゃうのも手かもしれません。

宿題代行業者にお願い

宿題代行業者というものがあるので、そちらにお願いするという手も…
業者によってはお子さんの筆跡をまねてばれないようにしてくれる業者もあります。
筆跡をまねながらその宿題をするって、大変そうですよね。
コストはかかることになりますが、親御さんの手を煩わせないという意味ではいいのかもしれません。

開き直って宿題をしない

もう開き直って宿題をしないという手もあります。
これは担任の先生がどんな先生なのかにもよります。
2学期に学校が始まってから、毎日居残りで夏休みの宿題をやらされる・・・ということもありえます。
正々堂々としたやり方ですが、強制的に残されるリスクが伴います。
また、単に怒られて、通知表に響くだけということもあるようです。

ただ全くしていないということであれば、親御さんへの連絡、小学校への呼び出しなど何かしら学校の担任の先生が対処をせざるを得ない状況でもあります。
それに親御さんが対処する必要が出るかもしれません。

学校の先生と交渉する

これは実際にした生徒がいます。
学校の宿題をしない代わりに、塾でしたことを提出するということではダメかと担任にかけあったんですね。
結果はダメということでしたが、担任の先生によってはOKがでるのでは?と思うところまではいけました。
最後は平等ではないということで、押し切られてしまいました。
この時はとんでもなく適当に宿題をして提出していましたね。

こうしたことを読むと、せこいとか、きちんとさせることが大切だと言われる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、結構不思議に思うのが、できない子には何かしら配慮があることが多いのですが、できる子には配慮がなされることが少ないのです。
いや、見たことがありません。
宿題が簡単すぎるから別の物を提出で済ませていいだとか別の配慮があってもいいのではないかと思うのです。

別に塾の課題を提出するでもいいでしょうし、自宅で市販の問題集を勉強した物を提出でもいいのかなぁと思います。
特に中学受験には小学校が対応してくれない訳ですし、そのくらいの配慮があってもいい気がします。

まとめ

今回の記事では中学受験をするのに夏休みの学校の宿題をどうすればいいのかについて書いてみました。
宿題はやるものだから、自分できちんとすべきという意見もあると思います。
ただ、自分のためにならないから別の課題をするという選択もあっていいとも思うのです。

ちなみに正々堂々と先生に話すと言うことをお子さんがしたときは圧倒的不利です。
なぜかというと、小学校の担任の先生そのものがルールだからです。
簡単に約束は反故にされますし、どんどん不利な状況に追い込まれていきます。
これは実際にそんなことになったことがあります。
中には事情をくんでくれる先生もいましたので、直接お話されるというのも手かもしれません。

そもそも小学校で学ぶことは子どもたちの権利です。
権利の行使に伴って宿題をするという義務を負うのも違う気がします。
そうであれば宿題を忘れた時点で小学校で学ぶ権利を喪失してしまっているはずですもんね。

あ、別に親御さんが宿題をするということをすすめるわけでも、宿題代行業者をおすすめしている訳ではありませんよ。
本当は宿題をするのかしないのかを選べるのがいいなぁと思っています。
せっかく学ぶのだから自分のためになる学びを誰もができるのが1番だと思うんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください