小学生の比例と反比例のまとめ

この記事は比例と反比例に関する記事をまとめたページになります。

比例や反比例は後々よく使う大切な単元の1つです。

小学生で習う比例と反比例は、今後中学校や高校で習う関数の基礎となります。

きちんと小学生のうちに理解しておきましょう。

比例がどういうものなのか、反比例がどういうものなのかを理解しながら、身に付けていくことが大切です。

 小学校で習う比例と反比例

1.小学校の算数で習う算数の比例の意味

まず押さえておきたいのは、比例の意味です。
比例がどういう意味で、どういうものなのかが分からないと勉強のしようもありません。
意味を理解するだけでなくきちんと覚えておくことが肝要です。
また比例の意味が分かると比例の学習をスムーズにすすめやすくなりますよ。
小学生で習う算数の比例の意味はこちら

2.比例なのか?比例ではないのか?

比例がどういうものなのかが分かれば、次は比例の関係なのかそうでないのかを見分けられるようになりましょう。
式の見かけからだけでなく、きちんと比例の意味から考えることができれば、ばっちりです。
比例の関係にあるのか、そうではないのか見分けられるようになりましょう。
比例関係なのか、そうでないのかを見分ける色々な方法

3.比例のグラフの書き方を小学生に教えるコツ

比例がどういうものかを理解し、それをビジュアル的に見ることができれば鬼に金棒です。
比例の意味をきちんとつかんで、効率的にグラフが書けるようになればいいと思います。
比例のグラフの書き方のコツを小学生のお子さんに教える方法はこちら

4.比例のグラフから式を求める方法

比例の式からグラフを書くことができるようになったら、その逆もできるようにしておきましょう。
教科書ではそんなに扱われませんが、中学ではほぼ間違いなく出題される内容です。
この部分の理解が深いと、グラフから式を求めることが容易になります。
きちんとできると見ただけで分かるという子もかなりいると思います。
そんなにややこしいものではないので、求められるようにしておくといいと思います。
小学生の比例でグラフから式を求める方法はこちら

5.小学生のうちに押さえておきたい比例の性質

比例の性質はそのものは、2数の間に比例の関係があるのかを見分けることだけにしか使わないのはもったいないです。
またその理解を深めることで比例の性質を自由自在に扱えるようになりたいところです。
例題を比例の性質を使って解いています。
こんな視点もあるのかということが分かるといいのではないでしょうか。
小学生のうちに知っておきたい比例の性質はこちら

6.反比例の意味

比例と一緒に登場するのが反比例です。
比例のときと同じように、まずは反比例の意味をつかむようにしましょう。
反比例の意味をつかむには比例の意味と比較しながら理解し覚えるといいと思います。
反比例というくらいなので、比例の反対のような意味であるということを知ってもらうことができればいいですね。
反比例の意味を比例の性質と比較しながら理解しよう

7.反比例の関係なのかを見分ける方法

反比例の意味が分かれば、それを元に2数の関係が反比例の関係にあるのか、そうでないのかを見分けられるようになりましょう。
2種類の反比例かそうでないのかを見分ける方法を解説しています。
どちらも理解して身に付けておくといいですね。
反比例の関係なのか、違うのかを見分ける方法

8.反比例のグラフの書き方とグラフを書くときに気を付けること

反比例のグラフの書き方は、比例のグラフと比べると手間がかかり面倒なものです。
小学生の子たちのイメージでは、点をとってそれを結べばいいというくらいの認識であることが多いです。
ただ、ちょっとグラフを書くときのポイントをはずすと減点や間違いとなってしまうのが反比例のグラフです。
そうならないようにするためにも、きちんとした反比例のグラフの書き方をマスターしてもらいましょう。
きちんとした反比例のグラフの書き方が分かれば、グラフへの理解もグッと高くなります。
問題はちょっと細かいことに見えてしまうことでしょうか。
小学生に教える反比例のグラフの書き方と見落としがちな特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください