夏休みの塾の合宿に参加させるべき?行かせることで生じる意外なメリットって?

夏休みとなると夏期講習で出費が多くなりがち。

それ以外にもイベントが、あって参加すべきかどうか迷うこともあるのではないでしょうか。

なかでも、大きな出費となりやすいのが、塾で行われる合宿です。

塾の話だと参加した方がよさそうだけど、大きな出費にってしまうなぁ・・・

中学受験もしないし行かなくてもいいかなぁ・・・

でも行かないと不安・・・

今回の記事では、塾の夏期講習中の合宿に行った方がいいのか、行かなくてもいいのかについて書いてみたいと思います。

 夏休みにある塾の合宿は小学生でも参加させるべき?

ただでさえ夏期講習にお金がかかる・・・
その上、夏期合宿?
お子さんを参加させるべきか、否か迷いますよね。
劇的にお子さんが勉強するようになることがあるだとか、合宿で変わる子もいますよと学習塾から聞くとますます迷うと思います。
夏期合宿に参加することで、そんなにいいことが起こるのでしょうか。

ネット上だと参加する必要がないという意見が多いみたい・・・

ネット上を見てみると、夏期合宿で数泊した程度で変わるはずがない、自宅で規則正しく勉強したほうがいいという意見が多い感じですね。
行った方がいいというのは学習塾くらいでしょうか。
塾が企画しているのだから、生徒に参加をすすめるのは当たり前ですよね。
と、言うことは基本的に参加をすすめるのは学習塾、役に立たないよというのは塾に関係のない方々というようにみえます。
こう見ていくと夏期合宿に参加するメリットは少なそうです。

塾の夏期講習の合宿のメリットとデメリット

まずは分かりやすいデメリットからみていきましょう。
1番のデメリットは、お金がかかることでしょうか。
もし、無料って言ったら大抵のご家庭が参加させますよね。
やはり一1番のデメリットはお金がかかることにつきると思います。

そこで考えてみると、その対価以上の効果があれば、参加させてもいいのではないかと思われる訳です。
実際に夏期合宿で劇的に変わるお子さんはいないという意見が多いようですが、劇的に変わるお子さんは意外といます。
難しいのが、変わるお子さんもいます・・・という感じなんですね。
確率が50%もあればいいのですが、それよりもずっと低い感じですね。
合宿後しばらく・・・というのであればこのくらいの率でお子さんが勉強するようになるということは、あり得なくはありません。
意外といい意味で雰囲気に飲まれてくれると、いい感じに勉強するようになります。

ここで難しいのは、その勉強するという状態が長続きしないということです。
夏期合宿でもっと勉強しないと!と刺激を受けたお子さんはしばらくは勉強してくれるようになることが多いです。
これは非日常の中で生まれた感情なので、どうしても日常生活に戻ると元に戻りがちです。
合宿から戻ってもこの勉強をする姿勢を崩さなければ合宿の対価としては、そんなに高くない物になると思います。

先生と仲良くなる

塾の先生も人間です。
やはり仲のいい生徒のことは気にかかります。
これは学校でも同じで仲のいい生徒のことは把握してくれている先生が多いのではないでしょうか。
どの生徒にも平等に接するべきなのですが、そこはどうしても感情がでてしまうところです。
目を掛けてもらえるようになると、苦手なところ、間違える癖などを把握してもらいやすくなります。

勉強時間の確保ができる

塾の夏期講習中の合宿ではかなり長時間の学習時間をとることがほとんどです。
夏期講習で学習するとはいっても合宿中の勉強時間に及ぶことはありません。
1人でそれだけの勉強をしなさいといってもなかなかできないと思います。
しかし、以外と合宿のようなお友達と一緒に長時間勉強となると話が違ってきます。
そんなに頑張った!という感じがなくても自然と長時間勉強してしまう子が多く出ます。
また、深夜も寝ずに勉強したいといってくるお子さんもいます。
さらに、今日は遅いから寝なさいといっても、勉強したいとお願いしてくる子までいます。
合宿マジックですね。

実のところ最大のメリットは意外なとこに・・・

これ以上のメリットはお子さんを塾に預けることができるということかもしれません。
夏休みは学校がなければお子さんが家にいて、ご飯を作ったり、掃除をしたりと家事も大変です。
そんな中でお子さんを数日間預けて親御さんの羽根を伸ばしちゃうという使い方もありなのかなぁと思います。

お子さんがいればなかなか行けない所にご飯を食べに行ったり、旅行に行ったり。
そんな時間を親御さんが作ることができるのもメリットなのかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では、塾の夏期講習中の合宿に行った方がいいのか、行かなくてもいいのかについて書いてみました。
塾の合宿に行った方がいいか、行かなくても大丈夫かということについては、各ご家庭での判断となりそうです。
合宿に行かせてよかった!と親御さんが思えるか、それとも、合宿に行かせなければよかった!と親御さんが思われるかは行かせてみないと分かりません。
意外な子が大きく変わることもあります。
今まで全く勉強なんて・・・というお子さんが勉強するようになることもあります。
逆に全く変わらない・・・ということもあります。
ちょっとした賭けのようなものなのかもしれませんね。

行かせたから必ずいいことが起こるわけでもありませんし、行かせなかったからダメになるということもありません。
お子さんのためになるのか、それともためにならないのかを考えて、合宿に参加するのかどうか決めるといいと思います。
お子さんを合宿に行かせて、親御さんは旅行に・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください